私の実の両親である

父と母が離婚したのは

まだ私が小さい頃。

 

だから、

離婚後離れて暮らしている

父との記憶はほとんどない。

 

だけど最近、

父と同居の祖母が亡くなり

父が一人暮らしになってしまって・・・

 

父も年を取ってきたし

一人暮らしの生活が心配。

 

母も持病があって

定期的に様子を見なければならない。

 

このままだと、

離婚した両親それぞれの介護を

自分が負担しなければならないの??

 

離婚した親の面倒は誰が見る?

離婚した親の面倒

 

離婚した両親が年老いてきて、

それぞれ一人暮らしの生活に

不安がある。

 

子どもの自分が、

両親それぞれの面倒を見なければ

ならないの??

 

そんな風に、

悩んでいる方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか?

 

⇒熟年離婚した親の面倒は誰が見る?

 

離婚した親の面倒・介護が負担・・・

 

実際、

高齢の親が一人暮らしで

自分以外に身寄りがほとんど

居ない場合・・・

 

子どもが親の面倒を見る以外に

方法はありませんよね?

 

両親それぞれ一人暮らしであれば、

週末毎にそれぞれの安否を確認する為に

電話をしたり会いに行ったり・・・

 

⇒一人暮らしの親に連絡がつかない

 

元気が無ければ、

買い物や食事の準備・通院などに

付き合ってあげる。

 

⇒一人暮らしの父の食事が心配

 

こういった親の面倒も、

両親が一緒に暮らしていれば

1度に済むことが二度手間になって

しまうんですよね。

 

また、

お互いに別に暮らしていれば

それぞれの家に家賃や光熱費が

かかってきます。

 

それを分かっていながら、

自分たちの勝手で離婚したのに・・・

 

「生活が苦しい、

老後の資金が足りない。」

 

なんてお金の無心をされた日には

ホント腹が立って仕方がない!!

 

だけど、

まだそれぞれなんとか元気に

自立して暮らしているから

良いけれど・・・

 

もし、

今後病気で突然倒れたり

認知症とかで一人暮らしが

できなくなってしまったら!?

 

⇒認知症での一人暮らしの限界は?

 

本当に困ってしまいますよね!!

 

離婚した親の介護は義務?

離婚した両親の介護は義務??

 

離婚した親が高齢になり

それぞれ介護が必要な状態に

なってしまったら・・・

 

誰が面倒を見るんだろう?

 

そんな風に不安に思っている方も

多いのではないでしょうか?

 

そこで、

実際の日本の法律上の

親の面倒や介護に関して

調べてみると??

 

⇒親の面倒は誰が見る?法律上の義務は?

 

つらい現実ですが、

介護が必要な親は実の子どもが

面倒を見る義務があるとされています。

 

ですが、

この義務は子ども自身の生活に

支障がない範囲での扶養義務で・・・

 

さらに、

実際に同居や下の世話などをする

必要はなく、介護施設への入居手続や

経済的な援助のみで大丈夫なんです。

 

ですので、老後の事を考えず

自分たちの意志で離婚して

困窮している親に対しては・・・

 

子ども達は、

自分たちの生活に支障が出ない

範囲での支援だけで問題ありません。

 

ですが・・・

 

親の面倒・介護はどこまですべき?

 

自分勝手な親でも、

やっぱり自分の親は

他に居ない。

 

なるべくならば、

老後に困っている姿なんて

見たくない。

 

そんな風に考える方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

ですが、

子どもたちだけで両親それぞれの

介護するのは負担が大きすぎます。

 

そこで・・・

 

親の資金や年金の範囲だけで

入居できる高齢者専用住宅や

老人ホームへの入居がおすすめ

なんです。

 

高齢者向け住居への入居

 

今は両親が元気でも、

いつかは介護しなければならない

日が来ます。

 

突然の介護で慌てるのではなく、

両親が元気なうちに安心できる

高齢者向け住宅や老人ホームへの

入居を検討してみると良いですよ!

 

というのも高齢社会の日本では、

親が倒れてから申し込んでも

すぐに入居はできません。

 

ですので、

事前に親の入居先を見つけて

おく事が大切なんです!!

 

最近は低価格で入居できる

高齢者向け住宅や老人ホームも

増加傾向にあります。

 

まずは、

全国の高齢者向け住宅や

老人ホーム検索ができる

「探しっくす」で資料請求や

見学申込をしておきましょう。

 

☆全国の介護施設検索できる!

☆一括で資料請求・見学申込

☆親身な入居相談・アドバイス

※無料で利用できるのは

「探しっくす」公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒『探しっくす』の評判・口コミ