親が高齢になったり

病気で介護が必要になった時に・・・

 

親の面倒は誰が見るべき?

そんな風に疑問に思いますよね??

 

家長制度の風習が強い地域では

長男親の面倒を見るべき

という暗黙の了解があったりします。

 

また、

長男以外は兄弟のいない一人っ子で

長男が親の面倒を見ざるを得ない

そういった状況も増えています。

 

そこで、

実際に長男である夫の母親の面倒で

苦労したお嫁さんの体験談を、

ご本人の了承を得てご紹介します。

 

義理の母親の面倒

長男夫婦が姑の面倒を見る事に・・・

 

私達夫婦が結婚した直後に

義両親は離婚しました。

 

姑が夫の実家から舅を家から追い出して

リフォームローンが残る一軒家で

一人暮らしをしていました。

 

長年専業主婦の姑でしたが、

離婚当初は仕事を見つけ働き始めました。

 

しかし、人づきあいが苦手で

気が強い姑は長続きせず、

離婚から一年経つ頃には働くことを

嫌がるように。

 

そしてすぐに、長男である旦那に

「長男なんだから面倒見てほしい」と

頼みにくるようになりました。

 

母親に甘い長男

 

姑には長男である旦那だけでなく

もうひとり長女が居ましたが、

折り合いも悪く実家にはほとんど

寄り付きません。

 

長男である旦那は

何かといっては姑には甘く接し

姑からは頼りにされていました。

 

そして嫁である私は全く無視で、

勝手に金銭面や生活面での援助を

姑と長男である旦那だけで決めて

しまっていました。

 

その姑の要求としては・・・

 

①リフォームローン代金の名義を

長男に変更してほしい

 

②生活費を助けてほしい

 

③長男の扶養家族として

健康保険加入させてほしい

 

④食事の用意や掃除を手伝って

 

⑤孫の面倒を見たくないから

別居のままでいたい

 

実家の住宅ロ―ンを支払ってほしいが、

同居は孫が面倒だから嫌だとか、

家事や身の回りの世話を手伝ってほしいとか、

わがまま放題の姑に・・・

 

旦那も私も呆れるばかりでした。

 

母親を大切にしたい長男の気持ち

 

ですが、

長男である旦那は・・・

 

「悲惨な生い立ちで

本当はかわいそうな人なんだよ。

こんな母親でも自分にとっては

唯一の母親だから大切にしたい。」

 

そんな風に話していました。

 

それに現実問題として、

このままいけば実家も差し押さえられて

しまうという事もありました。

 

仕方なく結局こちらが折れ、

実家の住宅ローンを支払うために

まだ1歳の長男を保育園に預けて

私が働きに出ることとなりました。

 

どうして嫁である私が、

姑の住む家の住宅ローンや

生活費の為に働きに出なければ

ならないの!?

 

長男の嫁であっても義母は他人なのに、

なんで生活のすべての面倒を

見なければならないのよ!!

 

⇒親の面倒は法律上の義務?

 

貯金もなく生活の当てもないのに離婚をし、

自宅で好きなテレビを見るだけの日々を

送っている姑に対し腹が立つ毎日でした。

 

 

義理の母親の病気

介護認定を拒否!?

 

そういった生活が

10年近く続きました。

 

そんな中で、

元々喘息があったにもかかわらず

ヘビースモーカーだった姑は・・・

 

自宅でテレビを見るだけの日々を

過ごしているうちに体力がなくなり、

「肺気腫」という呼吸が苦しくなる

病気にかかりました。

 

心配した旦那が何度も

タバコを止めるよう注意しても

全く止めようとせず、病院も嫌だからと

行こうとしない姑。

 

肺気腫でお風呂に入るのも

時間がかかると長男である旦那に

愚痴をこぼしているのを聞き・・・

 

ならば介護認定をしてもらって、

ディサービスを利用できるのではないかと

旦那は市役所に相談にも行きました。

 

しかし、

介護認定の為に本人から話を聞かなくては

いけないことを姑に説明すると、

姑はそれを拒否。

 

拒否した理由は、当時まだ60代だった姑は、

そういった施設へはもっと歳が上の人が

行く場所だから、まだ60代の自分が行くのは

恥ずかしいから、とのことでした。

 

義理の母親の施設入所

 

そうして

自宅に引きこもりを続ける日々が

続いたある日のこと・・・

 

自宅で呼吸困難により

倒れてしまったのです!!

 

姑は病院に緊急搬送され

一命を取り留めました。

 

ですが、高齢の為

治療しても回復の見込みもなく

長期間療養できる施設への転院を

求められました。

 

実家のローンの支払いと

姑の施設への入所費用の支払いを

同時にできるはずもなく・・・

 

もう実家を売るしかない!

 

という話になったのですが

夫が姑を説得して私たち夫婦が

実家を住居として住むことに

なりました。

 

自分たちの住まいの家賃支払いが無ければ

何とか実家のローンの支払いと姑の施設の

支払いが続けられました。

 

そして、

そのまま結局1年後に姑は施設で

あっけなく亡くなりました。

 

親の面倒と自分の人生

親の面倒よりも自分の人生が大切

 

姑が亡くなった後に旦那は・・・

 

「なんでもっと早く母親を施設に

入所させなかったんだろう?」

 

「母親より、自分の妻や子どもを

もっと大切するべきだった。」

 

そんな風に後悔の言葉を口にしました。

 

確かに、

私も1歳の子どもを保育園に居れるより

姑を施設に入れるべきだったのではと

後悔しています。

 

どれだけ親を大切にしていても

高齢になればあっけなく亡くなってしまう。

 

それだったら、

親の面倒を見る事よりも

自分の家族や子どもそして

自分の人生を大切にするべきだと

気付きました。

 

親の面倒や介護で悩んでいる方は

私達のように後悔しない為にも・・・

 

まずは高齢者向けの介護施設や

老人ホームの無料資料請求や見学を

してみるといいですよ!

 

☆全国約4万施設から探せる

☆一括で資料請求可能

☆プロに入居相談できる

※無料利用登録は「LIFULL介護」

公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒『LIFULL介護』口コミ・評判