「親の老後の面倒を

見るつもりは無い。」

 

そんな風に言うと、

周りからは冷たいって

言われる。

 

だけど正直、

子どもの頃から親が苦手だし

親に恩義があるとも思えない。

 

だから、

親が高齢になって介護が必要に

なっても面倒なんて見たくない!!

 

親の老後の面倒を見たくない

親の老後の面倒

 

今は親も元気で生活して

いるけれど・・・

 

この先、

親が高齢になって介護が

必要になっても面倒を

見たくないって思う。

 

自分が小さい頃も

ほとんど親らしいことも

してくれなかったし・・・

 

今さら、

老後の面倒を見てほしいなんて

甘い考えだと思う。

 

だから、

親の面倒や介護を放棄する

方法がないのかな?

 

って思っているんだけど??

 

⇒毒親の介護をしたくない!!放棄できる?

 

親の介護は子どもの義務?

親の老後の面倒を見る義務は?

 

そこで、

実際の法律を調べてみると・・・

 

実の親の面倒を見る事は事

実は子どもの義務なんです。

 

ですので、

親に介護が必要な状態と

分かっているのに放置すれば、

保護責任者遺棄罪に問われる

可能性も否定できません。

 

また実の親子関係を解消して

絶縁するという事も実際的には

難しいです。

 

よっぽど親からの暴力や虐待など

犯罪行為を受けた場合などには、

裁判の結果で絶縁が認められるかも

しれませんが・・・

 

それまでにかなりの手間と

時間とお金が必要になります。

 

親の老後の面倒はどこまで見るべき?

 

ですが、

親の面倒や介護は子どもの

義務なのですが・・・

 

子どもの生活に支障がない範囲で

経済的な支援をするのが義務と

されているんです。

 

ですので、

実際に親と同居したり

下の世話をする必要は

無いんです。

 

⇒実の親の下の世話をしたくない!

 

親が高齢や病気になり

生活ができない場合に、

親を介護してくれる施設へ

入居させるだけでOKなんです!

 

え?でもそれってお金が

かかるよね??

 

そんな風に思うかも

しれませんが・・・

 

親の老後資金は?

 

もし、親が無一文で

自分自身にも親を介護する

経済的余裕がない場合には・・・

 

市役所などに申請すれば

生活保護受給が可能な場合も

あります。

 

親や自分に多少の資産があれば

生活保護は需給できませんが・・・

 

親を在宅で介護するために

離職する事を考えれば、

施設へ入居させた方が

安く済む場合もあります。

 

親の面倒は放棄できませんが、

親を施設へ入所させる事で

親の老後に関わらない事は

可能です。

 

まずは、

実際の介護施設の入居費用が

どのくらいかかるのか資料請求を

してみるといいですよ。

 

☆全国約4万施設から探せる

☆一括で資料請求可能

☆プロに入居相談できる

※無料相談は「LIFULL介護」の

こちらの公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒『LIFULL介護』口コミ・評判