若い頃から病気の親の介護を

してきた・・・

 

だけど気が付いたら、

30代を過ぎて独身。

 

周りは結婚出産ラッシュの中、

このまま親の面倒を見て過ごして

ゆかなければならないのかと

不安になった。

 

だけど、

40代、50代に入り・・・

 

もう、

半分あきらめの境地。

 

でもこの先、

独身のまま老後はどうやって

生活してゆけばいいんだろう??

 

病気の親の面倒・介護

病弱な親の面倒や介護・・・

 

若い頃から持病を抱えた親の

面倒を見てきた。

 

友達や異性と遊びに行きたい時も

親を家に一人で置いておけないから

ガマンしてきた。

 

親の介護で仕事に打ち込むことも

できなかったからキャリアとは程遠い。

 

友人も離れてゆき、

もう若くない自分に残されたのは

病気を抱える高齢の親だけ。

 

⇒独身で一人っ子の介護の現状は?

 

それなのに親からは、

「あなたまだ独身なの?

もう結婚はできないの??」

なんて言われて腹が立つ。

 

「お母さんの面倒を見る為に

外出もできなかったし、異性と出逢う

機会も無かったんだよ!!」

 

そんな言葉がのど元まで出かかって

グッと飲み込む。

 

自分には老後の面倒を見てくれる

配偶者も子どももいない。

 

この先の人生、

どうやって生きて行けば良いんだろう??

 

そんな風に感じている方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

親孝行はすでに済んでいる?

 

親の面倒を見るのは

子どもの役割・義務。

 

そんな風に世間一般的には

言われるかもしれません。

 

⇒親の面倒で自分の人生を犠牲にすべき!?

 

ですがその反面・・・

 

「親孝行は3歳までの時期に

すべて済ませている」

 

という言葉をご存知でしょうか?

 

まず、若く未熟な親の元に

産まれてきてくれた事が

ひとつ目の親孝行です。

 

そして、五体満足で健康に

育ってくれた事が

ふたつ目の親孝行です。

 

そして、

新生児期から3歳までの可愛らしさは

素晴らしいものです。

 

子育ての大変さで親を人間として

成長させてくれるのもこの時期です。

 

ですので、

子どもは3歳までにすべての

親孝行は済ませていると言われます。

 

さらにこれ以上、

何を親孝行すればいいのでしょうか?

 

若い頃から病気の親御さんに寄り添い

面倒を見てきたあなたの優しさ。

 

その優しさは親にとっては便利かも

しれません。

 

ですが、

もう親孝行は済んでいるんです。

 

あなた自身の人生を歩み出してみても

良いのではないでしょうか?

 

⇒高齢の親の面倒を放棄する方法は?

 

親の老後の面倒はどうすれば

親の面倒をどうすればいい?

 

あなたが望めば、

いつだってあなたは自分の人生を

歩み出す事ができます。

 

病気の親の面倒を長年見てきた

優しい心を持っているあなたは

結婚相手としてはとても魅力的です。

 

あとは、

ただ少しの勇気が必要です。

 

あなた自身が一歩未来へ

踏み出す勇気。

 

そして、

親と人生を分かつ勇気。

 

まずは、

あなた自身の時間を持つために

親の介護をアウトソーシングできる

方法を模索してみませんか?

 

短期間からでも利用できる

ショートステイから始めて・・・

 

⇒老人ホームは高くて入れない?

 

最終的には親との人生を分かち

あなた自身の大切な時間を

取り戻しましょう。

 

あなた自身が望めば、

遅すぎるという事はありません!

 

☆全国の介護施設検索できる!

☆一括で資料請求・見学申込

☆親身な入居相談・アドバイス

※無料で利用できるのは

「探しっくす」公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒『探しっくす』の評判・口コミ