数年前に夫が脳梗塞で倒れ

在宅介護の日々。

 

状態は年々悪化し

最近は血管性認知症も発症。

 

この先、

回復の見込みのない夫の介護が

いつまで続いてゆくのだろう?

 

そんな風に考えると

本当に絶望的に疲労感を感じる。

 

だけど自分以外、

夫の介護をする人間はいないし

子ども達にも迷惑はかけられない。

 

そんな風に、投げ出す事の出来ない

夫の介護に疲れたら

 

夫の在宅介護がつらい

60代での脳梗塞と認知症

 

定年の年に

夫が健康を害して介護が必要な

体になってしまった。

 

介護といっても最初の数年は、

夫自身が何とか自力で歩けたり

コミュニケーションも取れた。

 

だから、

夫とも会話を楽しんだり

時々は旅行に行ったりも

できたんだけれど・・・

 

脳梗塞に関連した

脳血管性認知症まで発症し

ほぼ寝たきり状態に。。。

 

会話もスムーズにできないし

人が変わったように暴言を吐く事も

多くなった。

 

それに、

トイレに連れて行くのも

難しくなってきておむつの交換も

負担に感じる。

 

⇒老老介護の対策や解決策とは?

 

逃げ出す事の出来ない夫の介護

 

この先、

回復の見込みもないけれど・・・

 

長年連れ添ってきた夫の介護を

投げ出すわけにもいかない。

 

子ども達に迷惑をかけたくないから

自分が頑張らないと・・・

 

⇒認知症の親が長生きするのは迷惑?

 

でもこのままだと、

夫の介護の負担で自分がダメに

なってしまいそう。

 

寝たきり状態なのに暴言を吐く夫を

いつか手にかけてしまうんじゃ

ないかって思う時もある。

 

そんな風に私自身、

夫の介護につらい気持ちを

抱えていました。

 

⇒夫の介護に疲れた。離婚したい。

 

ですがそんな私の追い込まれた

状況を見て姉が・・・

 

一人きりでの夫の介護

夫の介護を抱え込みすぎている?

 

「もう少し周りの人に頼ったり

手を抜いても良いんじゃない?」

 

そんな風に私を心配した姉が

声をかけてくれました。

 

実は姉自身も舅の同居介護を

経験した在宅介護の先輩でした。

 

⇒旦那の親が倒れたら?同居介護は嫁の義務!?

 

ですが、

姉と私は介護している相手も

環境も違います。

 

それに、

夫の介護を妻がするのは

当たり前!

 

夫の介護の手抜きをすれば

自分の気持ちが満足しない。

 

そんな風に考えていました。

 

ですが、

姉から見ると私の状況は・・・

 

夫の介護をがんばりすぎている?

 

「一人で夫の介護を抱え込みすぎ。

真面目にやりすぎてつらくなって

しまっている。」

 

そして・・・

 

夫の介護を”完璧”にしたいという

気持ちは・・・

 

結局は夫の為ではなくて

「自己満足」の部分も大きいのでは?

 

でも結局、

自分自身で疲れ切ってしまい

満足できない結果になっているならば・・・

 

”完璧”な介護じゃなくても

良いんじゃないの??

 

そんな風にアドバイスを

してくれたんです。

 

そして、

まずは夫の介護度の見直しと

ケアマネージャーさんとの話し合い。

 

また、

姉自身が舅の介護の際に

よく利用していたデイサービスや

レスパイトのための短期入所施設などを

紹介してもらいました。

 

そして、

積極的に介護施設を利用して

自分がゆっくりできる時間を

作るようにしました。

 

一人きりで夫の介護を

乗り切るのは至難の業です。

 

まずは、

周りの人の手助けや介護施設を

上手に利用して夫の介護を

乗り切りましょう。

 

☆全国約4万施設から探せる

☆一括で資料請求可能

☆プロに入居相談できる

※無料相談は「LIFULL介護」の

こちらの公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒『LIFULL介護』口コミ・評判