近居していた高齢の母が

数年前に認知症と診断され・・・

 

それ以来、

実家に通いながら介護を行なっている。

 

だけど、

最近認知症の症状が悪化して

きたのか・・・

 

食事中に食べ物をなかなか

飲み込まなくて困っている。

 

一口食べさせると

数分間口の中でモゴモゴ

もぐもぐしている。

 

そして最終的には

飲み込めなくてベーっと吐き出して

しまう時も・・・

 

どうしても時間が無い時に

無理に2口目を食べさせたら

むせ込んでしまった事もある。

 

こういった認知症の症状の

食事を飲み込まない」という症状は

どんなふうに対処したらいいの?

 

認知症で食事を飲み込まない・・・

食事を飲み込めない理由は?

 

高齢の方で、

食事をなかなか食事を飲み込めない

という症状が現れる方って多いんです。

 

これは、

高齢になり身体的な嚥下機能が

衰えてしまう事により飲み込むことが

できなくなってしまうという事と・・・

 

⇒認知症で食事を飲み込めない場合の対処法とは?

 

認知症という病気により、

脳の機能が低下した事による

「食べ物」を認識する機能の

低下が関係していると考えられます。

 

食べ物と認知できていない!?

 

認知症の脳の機能低下が起きると、

「食べ物」として認識される範囲も

狭まってしまいます。

 

例えば、

高齢の方の食事介助の際に

誤嚥や飲み込みにくさなどの症状が

現れた際に・・・

 

より飲み込みやすいようにと

薄味で形が無くなるまで煮込んだ

介護食を用意される場合も多いのでは

ないでしょうか?

 

ですが、

認知機能の低下した方には

ドロドロのカタチのない

味の無いものを「食べ物」として

認識できていないもあります。

 

逆に、

これまで通り他のと同じ食事を

用意していた場合も・・・

 

「硬くて噛み切れない」=

『食べ物ではない』

 

と判断して飲み込まなかったり

吐き出してしまっている可能性も

あるんです。

 

ですのでこういった場合には・・・

 

認知症の患者さんでも

「これは食べ物である」

「美味しい」と認識できるように

食事を工夫する事が必要なんです。

 

そういった際に

おすすめなのが・・・

 

「やわらか食」がおすすめ

見た目も味も素材そのまま

 

高齢や病気などで

飲み込みにくさを感じたり

誤嚥やむせ込みがある場合に・・・

 

“凍結含浸”という特殊な方法で

調理された「やわらか食」という

介護食がおすすめなんです。

 

「やわらか食」は

従来のとろみ食や流動食と違い

食材のカタチや味はそのままに

舌で押しつぶせる柔らかさに

調理されています。

 

 

ですので、「やわらか食」は

認知機能の衰えた方も「食べ物」

として認識しやすいんです。

 

そして、こういった「やわらか食」を

手軽に宅配食として利用できるのが

「やわらかダイニング」です。

 

 

さらに、「やわらかダイニング」の

「やわらか食」は管理栄養士が考えた

献立メニューですので栄養バランスも

整っているんですよ♪

 

 

ですので、

認知症で飲み込みにくさや

誤嚥などの症状に悩んでいる方は・・・

 

☆管理栄養士の献立レシピ

☆冷凍庫で3か月間ストック

☆初回クール便配送料無料!

※初回送料無料で利用できるのは

公式サイト限定です。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

⇒「やわらかダイニング」の口コミとは?