元々、

母は思い込みが強い人で

勘違いする事も多かった。

 

だから、お盆の帰省の時に・・・

 

「私の財布が無い!

盗まれたのかも!!」

と騒いでいたけれど

あまり気にしていなかった。

 

だけど、

昨日実家の近所の警察から

電話が入って・・・

 

「お母さんから毎日のように

盗難にあったと通報が入っています。

一度自宅に様子を見に行ってください。」

 

と連絡が来た?!

 

高齢の母の警察への通報

毎日警察を呼ぶ!?

 

警察署の方の話では、

母が毎日盗難があったと電話で

110番通報を行う。

 

警察も一応確認に行くけれど、

言っている内容が曖昧で

確実性に欠ける。

 

また別の話なのですが、

近所の商店で万引きの容疑で

通報されたこともあったと

伝えられました。

 

ですので一度身内の方に、

お母様の状況をきちんと

把握して欲しい、と言われました。

 

正直、これまで人生で

母が警察を呼んだ所を

見た事が無かったので・・・

 

毎日のように警察を呼んでいると

聞いて本当にビックリしました。

 

さらに万引きの容疑って!?

頭の中が真っ白になりました。

 

⇒高齢の母が万引き?病気の可能性も??

 

母の状況を確認してみると・・・

 

警察から連絡があって、

週末に急いで実家に帰って

母の様子を確認すると・・・

 

「何急に帰ってきて?」

 

拍子抜けするほど、

いつもと変わらない様子の

母が居ました。

 

どう母に聞けば良いのか

わからないまま・・・

 

「警察から盗難があったと

聞いたんだけど?」

 

そんな風に聞いてみると、

母は・・・

 

「そうなんだよ!!

 

この前、銀行の人が来て

新しい金融商品があるからって、

すすめられて通帳と印鑑を預けたら

そのまま盗まれたんだよ。」

 

「それで、

警察を呼んで警察の人と

家の中を探したら・・・

 

その通帳と印鑑だけが

帰されていたんだよ。

 

でも預金が勝手に下ろされて

1000万円引き出されていた。」

 

そんな風に訴えました。

 

ですが、

その盗まれたという預金通帳の

記録を確認すると・・・

 

そもそも、

預金通帳に1000万円も

入金された事も無く、

もちろん引き出された記録も

残っていませんでした。

 

警察の人が困ったのも

無理はありません。

 

さらに、

母の言動がオカシイという事を

決定的にしたのが・・・

 

「横浜のお姉さんが来て、

お金盗られちゃってかわいそうって

銀行の口座に1000万円入金して

くれたのよ。」

 

もうすでに亡くなっていた

横浜に住んでいた叔母が来たと

言っていた事です。

 

母は認知症?

母は認知症で警察を呼んだ?

 

母の言動がオカシイと確信して

すぐに病院を受診させました。

 

そうしたら案の定、

母は認知症と診断を受けました。

 

⇒認知症の母との接し方のコツは?

 

母が物を盗られたと言って

毎日のように警察を呼ぶ行為も

物盗られ妄想」と呼ばれる

認知症の症状の一種でした。

 

ですが、

認知症と診断された母ですが

日常生活はきちんとこなせますし

ハキハキとしゃべります。

 

たぶん、

一見したら認知症とは

気が付かないのではないかと

思いました。

 

また医師からのすすめで

要介護認定を受けたのですが・・・

 

自分でできる事も多く自立度が高い為

母を24時間見守ってもらえるケアは

受けられないと言われました。

 

ですが、

毎日のように警察を呼んだり

近所のお店で万引気を疑われる行為を

防止するには24時間の監視が必要です。

 

そこで、

一人暮らしの認知症の母の面倒を

どうするのかが問題になりました。

 

認知症の母の面倒は誰が見る?

 

母は父とは離婚して

家族は私と弟の2人だけ。

 

弟も私もそれぞれ生活があり

母とは別に暮らしています。

 

ですので今すぐに、

母の近所へ引っ越したり

母を引き取ったりという事が

難しい状況でした。

 

また親戚はみんな高齢で、

頼る事はできません。

 

ですが、

このまま毎日警察を呼ぶ母を

一人っきりで生活させておく

訳にもいきません。

 

ですが自立度が高いために、

行政サービスの介護サービスも

充分受ける事ができない。

 

本当に八方塞がりでした。

 

高齢者向け住宅への入居

高齢者向け住宅をすすめられた

 

そんな中で

担当のケアマネージャーさんが・・・

 

「自立度が高いので、

行政が運営する特養ホームへの入所は

難しいですが・・・

 

民間の高齢者向け住宅や

老人ホームならば入居できる所が

あると思います。」

 

そんな風にアドバイスして

くれました。

 

母が認知症と診断されるまでは

高齢者向けの施設なんて、

全部老人ホームでしょ??

 

って思っていたのですが、

実際には自立度の高い元気な方や

逆に認知症があっても入居できる

介護施設もあります。

 

民間の高齢者向け住宅の利点は?

 

民間のそういった施設は

入居者本人に合わせて入居時期や

入居する施設を選べるのが利点です。

 

また入居してからも、

どの程度の支援や介護サービスを

受けるかも選ぶことができます。

 

自立度が高ければ介護費用も安く

抑えられる場合も多いです。

 

そして実際に、

行政の介護サービスでは

対応してもらえなかった母も・・・

 

民間で運営されている施設に

受け容れてくれる所を見つける事が

できました。

 

ですので、

高齢の親の生活が不安と

感じている方は・・・

 

一度高齢者向け住宅や

介護施設への入居を考えてみる事を

おすすめします。

 

便利な高齢者向け住宅検索サイト

 

実際に、

私自身が親の入居先を探したのは・・・

 

こちらの、

全国の高齢者向け住宅を検索

無料一括資料請求できる

「LIFULL介護」です。

 

「LIFULL介護」は、

入居相談も無料でできますので

ぜひ一度利用してみると良いですよ♪

 

☆全国約4万施設から探せる

☆一括で資料請求可能

☆プロに入居相談できる

※無料相談は「LIFULL介護」の

こちらの公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒『LIFULL介護』口コミ・評判