最近、

高齢で一人暮らしの親が

軽度の認知症と診断されてしまった。

 

家事や料理などの日常生活は

なんとかこなしてるみたい

だけれど・・・

 

きちんと栄養バランスの取れた

食事をたべられているのかな?

 

料理中の火の不始末で

火事になってしまったら??

 

そんな風に考え始めると

不安でしょうがない。

 

認知症で一人暮らしの親の

食事ってどうすればいいの?

 

認知症で一人暮らし

認知症で一人暮らしの親

 

高齢の家族が認知症と

診断されると・・・

 

周囲の方はほんとうに動揺して

しまいますよね?

 

「すぐに老人ホームへ

入所させなければ!」

と慌ててしまう場合も。

 

ですが、

認知症といっても症状や

進行の速度は人それぞれです。

 

認知症を発症されていても

長年在宅で暮らし続ける方も

いらっしゃいます。

 

さらに、

夫婦ともに認知症を発症しながら

お互いに助け合って生活している

認認介護状態の方も・・・

 

⇒老老介護よりも悲惨な認認介護の現状とは?

 

老人ホームへはすぐに入居できない!?

 

また、

高齢化の進む日本社会では

老人ホームへの入居待ちがあり・・・

 

認知症であってもすぐに

入居できないのが現状なんです。

 

特に、自分で動き回れる

自立度の高い認知症患者さんであれば・・・

 

市区町村が運営する、

特別養護老人ホームへの入居は

数年待ちというのがほとんどです。

 

ですがその間、

だんだん認知症の症状は進行し

日常生活も困難になってきますよね?

 

家事や食事の用意だって

ある日突然できなくなるのでは

ありません。

 

⇒認知症での一人暮らしの限界は?

 

そういった期間、

どのように乗り切ればいいのか?

 

多くのご家族が悩まれている事柄

なんです。

 

そういった場合には・・・

 

認知症で一人暮らしの食事

認知症で一人暮らしの親の食事は?

 

まず、

ご家族が認知症と診断されたら

お住まいの市区町村の市役所や

社会福祉協議会に連絡を入れ

介護度の判定を受けましょう。

 

そして、

その介護度で利用できる

在宅ヘルパーの派遣などの

介護サービスをフル活用できる

手配を行いましょう!

 

ですが・・・

 

残念ながら、

現状の介護サービスだけでは

充分なサポートを受ける事は

難しいんですよね?

 

介護度が要介護2であれば

週2日のデイサービスや

週3日の在宅介護サービスが

受けられます。

 

でも、

そういった介護サービスは

24時間対応してもらえない

場合も多く、1回あたりも

時間で区切られています。

 

その間に料理の支度だけを

お願いしてしまうと・・・

 

他の家事が全く手つかずに

なってしまう場合も。

 

ですので、

そういった介護サービスに加えて・・・

 

やわらかダイニングの宅配食

 

介護サービスに加えて、

高齢者向けの宅配食の利用が

おすすめなんですよ。

 

その中でも、

高齢の認知症の方には

「やわらかダイニング」が

おすすめな宅配食なんです。

というのも

「やわらかダイニング」の宅配食は

管理栄養士が作成した献立メニューで

栄養バランスも安心です。

 

さらに、認知症の進行による

嚥下機能や好みに変化に合わせて

3タイプのやわらかさから選べます。

 

また、出来立てを急速冷凍し

3か月の賞味期限で宅配して

貰えますので・・・

 

レンジで5分間加熱するだけで

すぐに栄養バランスの整った

食事が用意できてしまうんです♪

 

これならばある程度

認知症が進行した方でも

食事の用意が可能です。

 

☆管理栄養士の献立レシピ

☆冷凍庫で3か月間ストック

☆初回クール便配送料無料!

※初回送料無料で利用できるのは

公式サイト限定です。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

⇒「やわらかダイニング」の口コミとは?