どれだけ優秀な方でも、

いつかは運転免許返納の日が来ます。

 

☆運転免許なしでも悠々自適に

暮らせる魅力的な環境とは?

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒シニア向け住宅情報「LIFULL」

 

 

気が付いたら、

自分も70代に入り・・・

 

先日、

はじめて普通自動車運転免許の

高齢者講習の通知を受け取った。

 

「高齢者」なんて一括りにされて

高齢者講習を受けろなんて言われると

腹が立つけれど・・・

 

まあ、

ブレーキとアクセルの踏み間違いとか

高速道路逆走のニュース報道の多さを

見ればしかたのない事だとも思う。

 

でもよく聞けばこの、

高齢者教習に合格しなければ

免許更新できないらしい。

 

実際問題として、

この高齢者講習落ちる事って

あるんだろうか?

 

そんな風に疑問に思って

色々調べてみると・・・

 

運転免許の高齢者講習とは?

自動車の運転免許の高齢者教習

 

自動車の運転免許の高齢者教習と

いうのは・・・

 

70歳以上の高齢者を対象にした

自動車運転免許の知識の再確認や

技能・適性検査です。

 

⇒高齢者の免許返納の平均年齢は?

 

70歳~74歳まで間の

運転免許更新時期に講習の通知が来て、

更新期間満了日(誕生日の1か月後の日)の

6か月前から更新期間満了日までの間に

受講する事ができます。

 

出典:警視庁(http://www.keishicho.metro.tokyo.jp)

 

ちょっとややこしいですが、

「免許証更新のための講習のお知らせ」

という通知はがきが手元に届いたら、

高齢者講習を受講できる時期ですので

すぐに手続きをはじめた方が良いようです。

 

高齢者講習の種類は?

 

高齢者講習は都道府県によって

差異があるようですが、

基本的には・・・

 

高齢者講習

(2時間¥5100)

70歳以上の方が、

運転免許更新時に受ける

一般的な高齢者講習です。

 

教習所か運転免許試験場で

実施しています。

シニア運転者講習

(2時間~¥5100)

住民票のある都道府県以外で、

高齢者講習を受けたい場合は

こちらのシニア運転者講習を

受ける事になります。

(内容は高齢者講習と同様)

 

教習所で実施しています。

チャレンジ講習

(1人1回30分¥2650)

教習所のコース内で

実際に運転する講習(試験)です。

 

70点以上で合格し、簡易講習を

併せて受講する事で高齢者講習を

免除されます。

 

受講手数料が安いので、

現役タクシードライバーなどの

運転に自信のある方はおすすめ。

 

教習所で実施しています。

特定任意高齢者講習・簡易講習

(1時間~¥1800)

チャレンジ講習で合格した方のみ

受講できる講習です。

運転免許取得者教育

(2時間~料金は教習所により異なる)

運転技術向上を目的とした

実技講習で、この講習を受けると

高齢者講習が免除されます。

 

教習所で実施しています。

 

受けたい高齢者講習が決まったら、

自動車教習所や運転免許試験場へ

問い合わせましょう。

 

都道府県によっては

ホームページ上から高齢者講習の

受講申し込みができる場合もあります。

 

その場合は、

都道府県から送付された通知を

参考に申し込みを行いましょう。

 

高齢者講習の持ち物は?

 

高齢者講習受講当日の持ち物は

 

1.「免許証更新のための講習のお知らせ」はがき

2.運転免許証

3.手数料

4.筆記用具

 

※運転にメガネ等の補助器具が

必要な場合は必ず持参。

 

高齢者講習の内容は?

 

高齢者講習には、

色々な種類がありますが・・・

 

どの講習を受講する場合でも

 

①座学(60分程度)

②実技(30~60分程度)

③運転適性検査(30分~)

 

この3つを受ける必要が

あります。

 

①の座学であれば、

イスに座って静かに教官の話を

聞いていられれば問題はありません。

 

問題なのは②実技と

③運転適正検査です。

 

高齢者講習の実車講習

 

②の実技は教習所の教官を

助手席に乗せて実際に運転をする

講習や試験です。

 

自動車免許を取得する際に

受けた実技と同じ様なものですが、

ペーパードライバーには比較的

優しく対応してくれるそうです。

 

逆に、

チャレンジ講習はかなり厳しく

運転技術をチェックされるので、

結構不合格となり落される受講者も

いらっしゃるそうです。

 

ですので、このような参考書で

受講前に事前に準備・勉強しておくか・・・

 

運転免許認知機能検査まるわかり本 75歳からの免許更新に備えよう/智勝/内野勝行【1000円以上送料無料】

価格:972円
(2019/7/5 17:12時点)
感想(0件)

もしくは、

よっぽど実技に自信がある場合以外は

普通の高齢者講習を受けた方が

無難なようです。

 

高齢者講習の運転適性検査

 

高齢者講習の運転適性検査は

運転免許を取得する際の

適性検査と同様の検査です。

 

視力や色彩識別能力・聴力

運動能力などの検査が行われ

基準値の範囲であるかを検査

されます。

 

さらにこれに加えて、

75歳以上になると

『認知機能検査(講習予備検査)』

と呼ばれる検査も受ける必要があるんです。

 

 

高齢者講習の認知機能検査

認知機能検査とは?

 

75歳以上になると

運転免許更新のたびに、

「認知機能検査」を受ける必要が

必要があります。

 

この、

「認知機能検査」は高齢者講習を

受講する前に行われます。

 

つまり、75歳以上になると

運転免許の更新時に高齢者講習と

この「認知機能検査」を

受ける必要があるんです。

 

認知機能検査の内容とは?

 

では、

この認知機能検査の内容はというと・・・

 

①時間の見当識

検査の際の年月日と曜日・時刻の

回答を求められます。

 

②手がかり再生

 

絵を見て記憶しておき

しばらく別の作業を行ってから

その絵についての回答をする。

 

はじめはヒント無しで回答し

その後ヒントを与えられて回答。

 

③時計描写

 

時計の文字盤を書き、

そこに指定された時刻を差す

時計の針の描写を行う。

 

実際に高齢者講習で行われる

認知機能検査と同様の内容の検査の

動画がありました。

 

認知機能検査を受ける前に

ぜひ一度再生して試してみると良いですよ。

こちら ↓  ↓  ↓  ↓

※途中から音声ありますので

音量に注意してください。

 

なーんだ簡単って

思うかもしれませんが・・・

 

意外と下調べをしておかないと

パッと回答できなかったりします。

(本当は下調べはしない方が

本来の検査ができるんですが。。。)

 

高齢者講習の認知機能検査の合格ラインは?

 

こういった、

高齢者講習の認知機能検査の

結果判定基準としては・・・

 

分類 点数 判定
第1分類 49点未満 「記憶力・判断力に心配のない方」
第2分類 75点以下 「記憶力・判断力が少し低くなっている方」
第3分類 76点以上 「記憶力・判断力が低くなっている方」

 

この表のように、

結果の点数から分類判定されます。

 

ですが、

このようにな認知機能検査の

結果だけで不合格になるのではありません。

 

第1分類に分類された場合に、

今回の更新前後に信号無視や

一時不停止などの特定の違反が

あった場合だけ・・・

 

専門医から認知証の診断を受けるか、

主治医の診断書の提出が必要になります。

 

高齢者講習の実車講習

 

ですので、

高齢者講習の予備検査の結果で

即不合格となって運転免許を

取り上げられるわけではありません。

 

まあ、

本当に認知症の方であれば

こういった検査前の下調べを

する事も難しいでしょう。

 

ですので、あなた自身が

キチンと高齢者講習に合格する為に

インターネットで下調べをしている

時点でかなり認知機能は確かである

証明でもあります。

 

でも・・・

 

もし、

そんな風に万全に下調べをしても

高齢者講習に落ちて免許停止に

なる事ってあるの?

 

そんな風に不安は尽きませんよね??

 

☆運転免許なしでも悠々自適に

暮らせる魅力的な環境あります♪

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒高齢者専用け住宅情報「LIFULL」

 

高齢者講習に落ちる??

高齢者講習に不合格になる?

 

私自身、

はじめての高齢者講習を

受講する前は?

 

「高齢者講習に不合格になって

万が一免許停止になってしまったら・・・」

 

そんな風に不安に感じていました。

 

そこで実際に、

「高齢者講習に落ちてしまった!!」

という方の声を聞いてみると・・・

 

 

ちょうど白内障が悪化し視力検査で引っかかって不合格になり更新できなかった。

 

 

実際の運転免許に必要な

視力の基準としては・・・

 

両目で0.7以上で、

片目でそれぞれ0.3以上。

 

または、

片目の視力が0.3に満たない、

あるいは片目が見えない場合は、

もう片方の目の視野が左右150度以上で、

視力が0.7以上必要。

 

白内障はメガネをかけても

矯正はできませんので、

免許更新で高齢者講習の予定が

ある方は早めに白内障の手術を

受ける事をおすすめします。

 

 

認知機能検査で慌ててしまい問題を回答できなかった。
そうしたら、認知機能検査は不合格になりそのままでは免許更新できないと言われて・・・でも、医師の診断書の提出して認知症ではない事を証明できれば免許取り上げは免除されると言われて急いで認知症の専門医の診断を受けました。そして幸いなことに、

認知機能に問題が無いと

医師の診断を受け運転免許の更新は

できました。

 

 

万が一、

認知機能検査に引っかかっても

その後の問診や医師の診断書などで

認知機能に問題がない事が証明できれば

免許更新はできる可能性はあります。

 

ですので、

まだまだ自分の認知機能には

自信があるという方は高齢者講習に

チャレンジしてみましょう。

 

ですが、高齢者講習を受けて

免許更新をされようとしている対象者に・・・

 

ぜひ知っておいて欲しい

ひとつの悲しい事例を

ご紹介させてください。

 

 

高齢者講習で見落とされた認知症

認知症に気が付いていれば・・・

 

私の夫は75歳を越えても

毎日車で運転を続けていました。

 

夫は元タクシー運転手でしたし

田舎町に住んでいる事もあり、

車が無ければ夫婦2人で生活する事が

できない状況だったというのもありました。

 

また、夫は写真が趣味で

お天気の良い日は車で遠くまで

写真撮影に出かけていました。

 

いつもは、

私と二人で観光名所などに出向き

写真撮影をするのですが・・・

 

なぜかある日、

早朝に一人きりで出かけてしまい

夕方になっても帰ってきません。

 

何だか胸騒ぎがして、

一睡もできないままその日は過ぎました。

 

そして翌日のお昼頃、

夫の車が高速道路を逆走し

対向車に衝突。

 

跳ね飛ばされて崖の上から

車ごと転落したと警察から連絡が

入りました。

 

私はびっくり仰天して、

矢も楯もたまらず警察署へ

急ぎました。

 

そうしたら、

夫はすでに変わり果てた姿に

なっていました。

 

検死の結果は認知症と発覚

 

そして、

検死をした警察の方から

脳の萎縮がみられる為

典型的な認知症が原因だった

のではないかと言われました。

 

でも、

半年前に受けた高齢者講習の

認知機能検査では全く問題なく

合格していたので・・・

 

「まさか!?」

と思いましたが・・・

 

もう起こってしまった事故は

取り返しがつきません。

 

主人も帰ってくることは

ありません。

 

また幸い相手方の運転手は

一命を取りとめましたが・・・

 

高額な賠償金の請求や

嫌がらせ受け生きた心地が

しません。

 

人生の最後にこんな不幸を

味わうなんて・・・

 

裁判などで、

子ども達にもたくさん迷惑をかけて

しまいました。

 

今私は、娘の薦めで

不便な地元を離れて高齢者向けの

住宅に住んでいます。

 

もっと早くに

夫に免許返納をすすめて、

自分達の年齢に合った生活を

していればと後悔ばかりです。

 

私と同じような後悔をしない為にも、

同世代の方には免許の更新は慎重に

考えてほしいと思います。

 

自分の意志で運転免許の返納も?

 

高齢者の交通事故のたびに

加害者・被害者それぞれの家族に

それぞれの悲しみがあるのでしょう。

 

私自身、

いつまで運転免許を更新できるのか

年々不安が増しています。

 

いつか高齢者講習に落ちて

更新できなくなってから・・・

 

「さて、明日から車のない生活で

どうしよう?」

 

とあわてない為にも、

早めに自分の身の処し方を

考えようと思います。

 

また実際に

「元気なうちに終の棲家へ」

という同年代は増えているようで・・・

 

知人にも複数名、

高齢者向け住宅への転居を

決めた同世代の方がいます。

ですので、

高齢者講習や車の運転に

不安を感じている方は・・・

 

ぜひ一度、

そういった施設の無料資料請求を

試してみると良いですよ。

 

☆全国約4万施設から探せる

☆一括で無料資料請求可能

☆プロに入居相談できる

※無料相談は「LIFULL」の

こちらの公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒シニア向け住宅情報「LIFULL」