10年間介護していた

認知症の夫が亡くなり・・・

 

残された家にひとりぼっちに

なってしまった。

 

子ども達は遠方で結婚して

幸せに暮らしている。

 

正直、

高齢で一人暮らしは寂しいし

万が一倒れたらって不安だけど・・・

 

それよりも、

子ども達に自分の介護で迷惑を

かけてしまう事の方が怖い。

 

介護で子どもに迷惑をかけたくない

介護で子どもに迷惑がかかる

自分自身、

認知症の夫を介護してきたから

介護がどれほど大変なものか

よく分かっている。

 

昨日できた事が今日できなくなり

どんどん悪化してゆく病状。

 

いつ急変するかもわからず

24時間目が離せない。

 

食事の準備や家事・排泄介助など

重労働が何年間も続く。

 

入浴介助やオムツ交換にも

自分の夫だから抵抗が無かったけれど・・・

 

もし、

自分の子どもにおむつ交換を

させると考えると気が滅入る。

 

⇒長生きする親は迷惑なの?

 

それに、はじめのうちは

「老人ホームなんてかわいそう」

「住み慣れた我が家で看取りたい」と

がんばっていたけれど・・・

 

最終的には夫は寝たきり状態になり

自宅での看病も難しくなって

介護施設で息を引き取った。

 

それだったら、

はじめから自分の意志で

子どもに迷惑をかけない内に

老人ホームをへ入所をした方が良い。

 

そんな風に感じるようになりました。

 

少子化で子どもの負担が増えている

 

さらに、

医療技術が発達している現代では・・・

 

介護期間が長期化する傾向に

あります。

 

日本は長寿大国で平均寿命は

世界最長の84.2歳ですが・・・

 

健康的に自立した生活をできる

健康寿命は74.8歳です。

 

平均寿命 健康寿命 差異
84.2歳 74.8歳 9.4年間

 

つまり亡くなるまでの約10年間は

誰かの介助や介護を受けている

と考えられるんです。

また、

少子化が進んでいる現代では、

兄弟数が少なく子供一人当たりに

かかる負担が増大しています。

 

ですので昔のように、

たくさんの兄弟で数年間

両親の介護をすれば済むという

時代とは訳が違います。

 

一人っ子の独身の娘に

親の介護で迷惑をかけない為に

両親が取った行動とは?

 

⇒一人っ子の遠方の親の面倒・介護

 

介護で子どもに迷惑をかけない方法は?

自立した生活ができる施設へ

 

介護の負担が増大している

現代社会において・・・

 

子どもに介護で迷惑をかけないには

ある程度の準備が必要です!

 

実際、知りあいの方は

離れて暮らす一人っ子に

介護の負担をかけない為に・・・

 

元気なうちから入居できる

高齢者向けサービス付き住宅に

入居を決めました。

 

その施設は、

介護が必要になった時も

最期の看取りまで面倒を

見てくれるので・・・

 

最期まで、

子どもに迷惑をかける事が無く

人気の施設だそうです。

 

やはりどの家庭でも

親の介護の負担は悩みの種

なんですね。

 

大切な子どもの人生を

奪わない為にも・・・

 

高齢者向けサービス付き住宅への

入居を考えてみる事をおすすめします。

 

まずは、

全国の介護施設を検索できる

「LIFULL介護」から無料資料請求を

試してみると良いですよ。

 

☆全国約4万施設から探せる

☆一括で資料請求可能

☆プロに入居相談できる

※無料相談は「LIFULL介護」の

こちらの公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒『LIFULL介護』口コミ・評判