仕事の関係で、

今は海外に暮らしている。

 

でも、最近なんだか高齢の親が

元気がなくて心配。

 

万が一、

高齢の親が倒れた場合

親の介護はどうしたらいい?

 

海外暮らしの子どもの不安

親の面倒はどうする?

 

日本と海外で離れて暮らす

高齢の親の生活が不安。

 

SkypeやLINE・国際電話でも

連絡が取れるけど・・・

 

万が一、

親が急に倒れてしまったら

どうすればいいんだろう??

 

そういった不安を感じている方も

多いのではないでしょうか?

 

そこで、

海外在住者の親の面倒

介護に関して詳しくお伝え

させていただきます!

 

親の万が一の際には?

 

高齢の親が日本で暮らしていて

不安を感じている。

 

「何かあったら

すぐに日本に帰国する」

 

自分自身にそういった

気持ちはあっても・・・

 

海外と日本では距離があり、

何かあってからでは遅いんです。

 

脳梗塞で倒れたと連絡が入り、

慌てて駆けつけたけれど

臨終に間に合わなかった。

 

また、

急変などであれば

異変にすぐに気が付きますが・・・

 

認知症や糖尿病などの症状って、

離れて暮らしている家族では

なかなか気が付きにくいのが

現状です。

 

実際に、

年2回程度帰省していたけれど

親の認知症の症状に気が付かず、

詐欺や犯罪に巻き込まれてしまった

という事例もあります。

 

ですので、

海外在住で高齢の親の生活に

不安を感じているならば・・・

 

特に、

なるべく早めに対処方法を

考えておく事が大切です!!

 

親の介護の準備とは?

海外在住で親の介護は?

 

海外在住者に限りませんが、

親の介護って突然降りかかって

きます。

 

今の日本の医療制度では、

急性期病院に長期入院は難しく

早々に在宅介護か療養病院への転院を

迫らせます。

 

療養病院はどこも満床で

すぐには入居できません。

 

海外在住であれば、

長期の在宅介護もできませんよね?

 

ですので、

親が倒れてしまってから慌てて

対処しても遅いんです。

 

高齢の親の生活は?

 

ですので、

もし親が高齢で生活に不安を

感じるようになって来たら・・・

 

見守りやサポートが受けれられる

高齢者向けサービス付き住宅への入居を

考えてみる事がおすすめです。

 

親戚や近所の方の見守りは

限界がありますが施設では

24時間見守りをおこなって

貰えます。

 

さらに万が一の際の対処や

その後の介護サポート体勢も

万全で安心です。

 

まずは、

高齢者向けの住宅の検索や

無料資料請求を行ってみましょう。

 

☆全国の介護施設検索できる!

☆一括で資料請求・見学申込

☆親身な入居相談・アドバイス

※無料で利用できるのは

「探しっくす」公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒『探しっくす』の評判・口コミ