子どもの頃から抱えてきた

親への違和感。

 

大人になって、

自分の親は毒親だったと

気が付いた。

 

毒親からされたひどい仕打ちに

今も苦しんでいる。

 

それでも、

育ててもらった恩もあるし

毒親を許す必要があるの??

 

そんな風に毒親への葛藤を

抱えている方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか?

 

自分の親が毒親!?

毒親だったと気が付いた・・・

 

自分の親が「毒親」だったと

気付くきっかけは人それぞれです。

 

テレビやネットの情報で知った、

毒親の特徴を自分の親の中に

発見した時。

 

自分自身が親になって子育てを

するようになってから・・・

 

なんとも言えない違和感や苦しさで

いっぱいになった時。

 

友人や恋人の家族と接して・・・

 

「これこそがまともな

家族なんじゃないか?」

 

と愕然とした時。

 

そういった毒親に対する違和感や

反感に気付いた瞬間から、

心に葛藤が生まれます。

 

毒親への怒りや恨み

 

幼いころから毒親から受けた仕打ちが

心に突き刺さったまま。

 

今も急に思い出して

涙が止まらなくなって

しまう時がある。

 

社会に出てからも

相手との距離感が分からなくて

人間関係で躓く事が多かった。

 

それも、

親子関係が歪んでいたからだと

気が付いた。

 

今私が苦しんでいる事は

毒親から受けた仕打ちに関係する

事ばかり。

 

きちんと育てられないならば、

なんで私を産んだんだろう?

 

そんな怒りや悲しみに

心の中を支配されてしまう。

 

自分だけが抱える孤独感

 

友人や恋人など温かい一般家庭で

育った人には分からない苦しみ。

 

ネットに救いを求めても・・・

 

「お母さん(お父さん)だって、

つらかったと思いますよ」

 

「親も親なりに頑張って

くれたはずですから」

 

「もう、そろそろ親を許しませんか?」

 

結局そんな風なキレイ事ばかりで

孤独感が深まります。

 

そういった

行き場のない怒りと恨みを

封じたままにしておくと・・・

 

普段の生活にのどこかにも影響が

出てきます。

 

それは、

身体症状や精神疾患として現れる

場合もあれば・・・

 

子育てや社会生活に致命的な悪影響を

及ぼすこともあります。

 

大人になっても毒親のせいで、

生活すらままならないなんて

本当に許せない気持ちでいっぱいに

なりますよね。。。

 

毒親との対決

毒親と対峙する

 

そういった怒りや苦しさから

毒親と対峙して対決を試みる方も

多いのではないでしょうか?

 

ですが多くの毒親は、

子どもの話を正面から受け入れず

非難されているという事だけを敏感に

察知します。

 

逆切れして怒鳴り散らしたり

無視を決め込んだり、

泣き落としにかかる事も・・・

 

そして最後には、

「過去の事をアレコレ言って

今さら何をしてほしいのか分からない。」

 

そんな風に言われて

本当にむなしい気持ちになる事も

多いんですよね?

 

ですが私の願いはただひとつだけ、

「毒親に今までの非を素直に

認めて謝って欲しい」

というものです。

 

ですが、

子どもにすんなり謝罪できるなら

毒親ではありませんよね・・・

 

毒親とは分かり合えない

 

残念ながら、

「いつか分かってくれるんじゃないか?」

という希望は捨てましょう。

 

毒親が長年の価値観を覆すことは

まずないでしょうし・・・

 

毒親の心にもほぼ間違いなく

トラウマや傷があります。

 

その傷を守るために、

今までのやり方、生き方を変えることが

毒親にはできないからです。

 

さらに年齢を重ねて高齢になれば

毒親の頑固さや偏屈さはますます

磨きがかかってきます。

 

⇒毒親の介護をしたくない!放棄できるの?

 

そういった毒親と分かり合う事は

到底無理なんです。

 

毒親との決別

毒親からの解放の鍵は?

 

毒親から解放される方法は

毒親と和解する事では

ありません。

 

毒親から自由になる為には

まずは「自分自身が本当の意味で

自立すること」です。

 

それはつまり精神的に

毒親から自立するという事です。

 

親に変わって欲しいと求める時点で、

自分も未だ毒親に依存しているのです。

 

ですので非常につらいことですが・・・

 

「毒親は変わらないものとして、

自分自身がどうなりたいか?」という

考え方にシフトする必要があるのです。

 

毒親から解放される方法は?

 

まず第一段階として、

自分の中にある「親を許せない」という

気持ちを認めてあげましょう。

 

「許せない」という感情を

自分に許可することが必要です。

 

そして、なぜ許せないのかを

すべて書き出してみましょう。

 

例えば・・・

 

◎存在を全否定する言葉を

たくさんかけられた

 

◎兄弟間で差別された

 

◎毎日両親が怒鳴り合いの

ケンカをしていて嫌だった

 

◎自分のやりたい事を

許してもらえなかった

 

こういった事を色々書き出してみる事で

毒親との関係を客観的に見る事が

できるようになります。

 

そして毒親を許せない理由が

出なくなるまで書き続けたら・・・

 

次に、

本当は親にどうして欲しかったのか?を

書いていきます。

 

◎もっと自分を褒めて欲しかった

 

◎弟だけじゃなく私のことも

見て欲しかった

 

◎お父さんとお母さんが

仲良くして欲しかった

 

◎自分を信じて任せて欲しかった

 

そして、

ちょっと違和感があるかも

しれませんが・・・

 

書き出したものを声に出して

読み上げてみましょう。

 

そうすると、

自分の中にある怒りの感情が

不思議に自然と収まって、

逆に毒親親サイドの感情が

見えてくることがあります。

 

毒親を許す事ってできる?

毒親を許すには・・・

 

心理カウンセラー友人に聞いた

興味深い話で・・・

 

「相手を許せなくて苦しんでいる」

という方は・・・

 

「許したい」という

気持ちが強くあるから苦しい。

 

だから相手を「許す」事で

自分を解放する事ができるようになる。

 

相手を「許す」には、

まず自分の中にある「許せない」

という感情を「許す」ことが大切。

 

そう教えてもらった時に、

本当に自分の中で目から鱗が

落ちました。

 

そして、確かに自分の中に

「親を許せない」気持ちと

「親を許したい」気持ち

両方が存在する事に気が付きました。

 

そして、自分の中の

「親を許せない」気持ちを

認めてあげると・・・

 

逆に、

「親を許したい」という気持ちが

むくむくと大きくなってゆくのが

分かりました。

 

毒親は絶縁すべき?

毒親を放棄するのか?

 

最近の毒親関連の書籍には

「毒親は捨てなさい」

「毒親とは縁を切りなさい」

というものがとても多いんです。

 

⇒毒親の介護は放棄すべき!?

 

ですがそういった書籍を読んだ後、

いつも感じるのはかすかな違和感でした。

 

たとえ毒親と絶縁して

毒親を放棄したとしても・・・

 

たぶん、

自分の中には後悔が残るだろう。

 

普段は「毒親と縁を切って良かった」

と思えていても・・・

 

ふとした瞬間や死の間際に

深い後悔の念を抱くのではないか?

 

という恐怖心にも似た感情が

違和感の正体でした。

 

どんなにひどい親であっても

自分にとって他に親はいない。

 

見捨てるという極端な話ではなく

良い距離を置くという事は

できないのだろうか?

 

そんな風に考えていた矢先・・・

 

毒親の老後の介護

毒親の老後の面倒を見るべき?

 

親が倒れて入院したと

親戚から連絡が入りました。

 

慌てて病院に駆けつけてみると

危篤状態。

 

何とか命は助かったけれど

昔のような覇気も無く、

老いさらばえた姿の老人が

そこにはいました。

 

よく考えたら、

憎たらしいほど元気だと思っていた

毒親ももう60を超えていたんです。

 

ですが、

そんな哀れな姿を見ても

自分で毒親の介護するような

気持ちにはなれませんでした。

 

でも、

ここで見捨てたとしたら

やはりいつか後悔をするのでは

ないだろうか?

 

そんな葛藤が渦巻く中で・・・

 

毒親を老人ホームへ入れる

 

最終的には毒親を老人ホームへ

居れる事に決めました。

 

それも、

気軽には見舞いに行けない

遠く離れた田舎の老人ホームへ。

 

田舎の老人ホームは料金も

都内に比べると格安で

本当に助かりました。

 

今は毒親に煩わされる事もなく

本当に安楽な生活ができるように

なりました。

 

もし、

毒親を許せないけれど

許したいとで悩んでいる方は・・・

 

将来、

遠方の老人ホームへ入居させるという

選択肢もあります。

 

一度、費用や入居条件に関して

調べてみると良いですよ。

 

☆全国約4万施設から探せる

☆一括で資料請求可能

☆格安の老人ホーム検索

※無料相談は「LIFULL介護」の

こちらの公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒『LIFULL介護』口コミ・評判