母の突然の認知症

 

母に認知症の症状が現れはじめたのは

70代半ば頃でした。

 

しっかり者の母が

父よりも先に認知症を

発症してしまった事は・・・

 

私達兄弟にとっては

かなりショックな出来事でした。

 

父は仕事人間で、

家事や育児の一切を母に任せて

これまで生活してきました。

 

ですので、

母が倒れてしまったら・・・

 

老夫婦二人だけで生活する事は

かなり難しいのではないかと考えて

いました。

 

私達子ども3人も、

それぞれ独立して仕事や家庭を

持っています。

 

その中で実際的に

親の面倒誰が見るのか?

という問題に直面しました。

 

 

介護と育児・仕事との両立

 

親の介護で自分の時間がない!

 

そこでとりあえず、

実家から1時間の距離に住んでいる

長女の私が毎週実家に通う事になりました。

 

ですが、子育てをしながらの

フルタイム勤務。

 

さらに、

毎週毎週実家に通って

荒れ放題の実家を片付け

1週間分の食事を用意する。

 

日々をこなす事だけで

精一杯で・・・

 

週末も子どもや夫と

ゆっくり話したり遊びに行く

時間もありませんでした。

 

意外に父親も介護に奮闘

 

意外な事に、不慣れながらも父も

母の介護や家事や掃除洗濯など

がんばっていました。

 

ですが、おかゆを作ろうとして

いくつもの鍋を焦がしたり・・・

 

母の大便のついた紙パンツを

洗濯機で洗ってしまったり。

 

さらに、

意思疎通が上手くいかない

母に対してもイライラしたり

暴言を吐くようになっていました。

 

そんな影響もあってか、

母の認知症は日に日に悪化してゆき

実家も荒れ放題。

 

父親自身

「自分でもいつまで我慢が続くか

わからない・・・」

そんな風に言っていました。

 

 

さらに、テレビのニュースでも

「虐待をする介護者の6割が男性で

介護殺人に至るのも9割が男性」

という情報を知り父に任せるのが

不安になった時期もありました。

 

でも、限界なのは

私自身も同じでした。

 

長男夫婦の同居拒否

 

長男夫婦が実家近くで

賃貸マンション暮らしをして

いたので・・・

 

長男夫婦が実家に引越して

一緒に同居生活してくれれば

全てが丸く収まる。

 

そんな風な希望を胸に

長男である兄に話をしてみると・・・

 

「うーん、

今すぐに同居というのは無理だ。」

という期待はずれの返答でした。

 

どうやら、

兄のお嫁さんが実家での同居を

強く拒否している様子でした。

 

実は結婚当初からこれまでも

何度か実家での同居話が

持ち上がっていたのですが・・・

 

いろいろな理由を付けて、

長男夫婦は同居を避け続けていました。

 

ですがさすがに、

高齢の両親が生活できなく

なりつつあっても同居を拒否続ける

とは思っていませんでした。

 

母親の介護が限界に・・・

母親の介護で兄弟間でもめる・・・

 

私が実家へ毎週1時間かけて

片付けに通う日々が続く中・・・

 

実家から5分程の距離に住む

長男夫婦は親の面倒の一切を

放棄して知らんぷり。

 

そのくせ、ゴールデンウイークに

旅行に行ったからとお土産持参で

久しぶりに実家を訪れました。

 

「九州って春先でも暑いんだなぁ!

温泉旅行して逆に疲れちゃったよ。

はいコレお見上げの温泉まんじゅう!」

 

私は親の面倒を見る為に

こんなにも大変な思いをして

いるのに旅行?

 

たまりにたまった怒りが

爆発しました。

 

そして、ついカッとなって・・・

 

「親の面倒を見るのは

家を継ぐ長男の役割でしょ?」

 

「長男に嫁いだのだから

お嫁さんだって覚悟をしていた

ハズでしょ?」

 

長男夫婦に対してそんな言葉が

口をついて出てしまいました。

 

親の面倒は長男がみるべき?

 

「親の面倒は長男が

見るべきでしょ!?」

 

「何言っているんだ?

娘のお前が介護するのが

一番お袋にとっても気が楽だろ!」

 

「娘が介護すべきっていうなら

妹だって介護に関わって無いでしょ?」

 

「なんで私だけ一人が

親の面倒を全部負担しなくちゃ

いけないのよ!?」

 

そしてそんな風に兄と、

親の面倒・介護を押し付け合う

言い争いに発展してしまいました。

 

そしてその喧嘩をきっかけに、

それっきり長男夫婦は実家に

足を踏み入れる事も無くなりました。

 

私も言い過ぎた点もあると

思います。

 

ですが、実の兄弟同士なのだから

つらい介護の現状を理解して

助けてもらいたい。

 

そんな甘えや混乱した気持ちから、

兄夫婦に対して感情をぶつけて

しまいました。

 

案の定、

兄夫婦は私の現状を思いやるどころか

全く理解してくれませんでした。

 

その時はもう、

兄夫婦には何も望む事は無いと

感じました。

 

親の介護への妹の反応は?

 

長男である兄夫妻とは

親の介護をめぐって揉めてしまい・・・

 

その憤りを誰かに話したくて、

私はもうひとりの兄弟である

妹に連絡を入れました。

 

妹は長年海外で働き

40代に入ってやっと

結婚したばかりでした。

 

旦那さんも外国人で

この先も海外暮らしを続けると

話していました。

 

ですが、親の一大事ですので

何とか力になってくれるのでは

ないかと考えていました。

 

「もう私一人では、

親の面倒をみるのは限界なの。

 

しばらくこちらに帰ってこれない?」

 

電話口で唐突に聞いてみました。

 

ですが、

妹の回答も私の望んだものでは

ありませんでした。

 

「一時帰国しても良いケド

その後はどうするつもり?

 

このまま、

お兄ちゃんの協力が得られなければ

やっぱりお姉ちゃんだけの介護に

なるんじゃない?」

 

「お姉ちゃんが大変なのも分かるけど、

まずは兄弟でどう協力し合うのか?

 

お互いにキチンと親の最期まで考えて

どこを協力できるのか話合ってみようよ?」

 

それまではパニック状態でしたが、

妹の指摘で冷静になりました。

 

「まずは、お姉ちゃんが

いま一番大変な事は何なの?

 

それをひとつづつ

とりのぞいていってみたら?」

 

親の介護は何が大変?

自分の正直な気持ちは?

 

妹の言葉で冷静になって・・・

 

私は兄に泣きつくほど

親の介護のどんな点が大変だと

感じていたんだろう?

 

そう振り返って考えてみました。

 

 

 
☆実家までの距離が遠く

 通うのが負担。
 
☆介護に時間をとられて

 家族と過ごす時間が足りない。

 

☆母の認知症が悪化してゆき

 今後どうなるかが不安。

 

☆父の精神的な負担が大きく

 母に暴力行為をしてしまったらと不安。

 

☆近くに協力者や相談できる人がいない。

 

 

 

こういった事が

いろいろ絡み合って不安や

疲労感が蓄積していました。

 

また具体的には、

家事の中でも掃除や洗濯などは

効率的にこなせるものの・・・

 

特に食事の準備が負担!

 

母には好き嫌いが多く

歯も悪く誤嚥の症状もあったので

父の食事とは別に特別な介護食を

1週間分まとめて作る必要が

ありました。

 

私自身、

あまり食に興味もないですし

料理も得意ではありません。

 

それなので、

父と母の1週間分の食事の準備に

かなりの時間や労力を割いていました。

 

それなのに、

1週間後に実家を訪れると・・・

 

「まずいから食べられない」

「食べ忘れて腐らせちゃった」

 

そんな風に言われる事も

しばしば。

 

父と母食事の準備が

かなりの負担やストレスに

なっていた事に気が付きました。

 

そうしたら妹は意図もあっさり

 

「食事のデリバリーサービスを

利用したら良いんじゃないの?」

 

 

とその場でいくつかの介護用の

宅配サービスをインターネットで

探してくれました。

 

そしてその中で、

実際にうちで愛用していたのが

この宅食サービスです。

 

 

☆栄養士監修の献立メニュー

☆急速冷凍後クール宅急便配送

☆初回送料無料でおためし

⇒「やわらかダイニング」公式サイト

 

味付けもしっかりして美味しいので

両親も喜んでよく食べてくれました。

 

この宅食のおかげで介護の負担が

かなり軽減しました。

 

父母を預けられる介護施設の確保

 

また、妹は・・・

 

「認知症のお母さんが

このまま死ぬまで家で暮らし

続けられるかは疑問だよ。

 

お父さんだって介護が

必要になる場合もあるし。」

 

「お兄ちゃんに夫婦に

嫌々でも同居してもらうより、

介護施設に預けたほうが

この先も安心だと思うよ?」

 

そんな風に言い出しました。

 

私は、認知症が進んだ母が

入居できる老人ホームなんて

無いと思っていたのですが・・・・

 

確かに、

このまま母の認知症が悪化して

徘徊等がひどくなってきたり

寝たきり状態になってしまったら?

 

長男夫婦が同居したとしても

最後まで家で過ごせないかもしれません。

 

それに、父だって高齢ですし

いつ倒れてしまうかわかりません。

 

今すぐではなくても

万が一の時に備えてとりあえず

入居できる介護施設の目星を付けて

おいた方が良いのかも?と思いました。

 

そして、妹が教えてくれた

高齢者向けの住宅や介護施設を

調べられる情報サイトを利用して

みる事にしました。

 

親が入居できる介護施設探し

認知症でも入れる老人ホームはある?

 

実は以前、

母が認知症と診断された

直後に老人ホームを探した事も

あったんです。

 

ですが、近所にある老人ホームには

認知症があり気難しい性格の母の入居は

難しいと断られてしまいました。

 

それ以来、

認知症の母が入居できる老人ホームは

無いものだと思っていました。

 

ですが、

妹が紹介してくれた高齢者向け施設の

情報サイトには・・・

 

認知症が進んでいたり、

様々な持病があっても入居できる

高齢者向け施設を全国から検索

する事ができました。

 

さらに、実際に認知症の方向けの

グループホームや有料老人ホームを

見つける事ができました。

 

そしてその中で、

いくつか良さそうな高齢者向け施設の

資料請求や見学をしてみる事に

なりました。

 

高齢者向け介護施設を見学したら?

 

高齢者向け施設の情報サイトから

気になる介護施設の見学申込を行い・・・

 

実際に、

父と母と一緒に介護施設の見学と

体験宿泊をしてみる事になりました。

 

介護施設の見学中は

母はどこかもよく分かって

いない様子でした。

 

ですが、

認知症の母の介護でごちゃついた

実家に嫌気がさしていた父が、

清潔なホテルのような室内や

美味しい料理をすごく気に入り・・・

 

 

 

スタッフの方から

夫婦で入居できる居室もあると

説明を聞いた途端!

 

「ぜひ、

今すぐ夫婦二人で入居したい!」

と言いだしました(^^;)

 

そしてあれよあれよという間に

入居が決定。

 

料金的にも、父の退職金の範囲で

生涯面倒を見てくれるというのも

決めてになりました。

 

実家を生前贈与したい?

長男が実家を相続?

 

そして、

両親が老人ホームに入居するにあたって

空き家になる実家を・・・

 

父が、実質的な面倒を見ていて

くれたからと、私に生前贈与する

という話が出ました。

 

その話を父から聞いて慌てたのは

長男夫婦でした。

 

兄はたぶん実家を貰うつもりで

ずっと賃貸マンション暮らしを

続けていたからです。

 

そこで、

毎月の介護施設利用料の一部を

負担するから実家の名義が欲しいと

父に泣きついたそうです。

 

私も妹もすでに持ち家を持って

いましたから・・・

 

今さら、

広いだけの田舎の家なんて

欲しくありませんでした。

 

そして、

多少なりと金銭面だけでも

兄が両親の面倒を見てくれるというのは

大きな進歩と考え条件を受け容れました。

 

さらに兄嫁も定期的に介護施設へ

お見舞いや世話に行ってくれると

約束してくれました。

 

親の面倒・介護をめぐって

兄弟でなんだかんだと揉めましたが・・・

 

まあ色々な事を妥協しましたが、

結局は丸く収める事ができました。

 

でもこれが私一人きりで、

親が亡くなるまで在宅介護を

続けなければならなかったら・・・?

と思うとゾッとします。

 

介護の際に役立つ便利なサービス

 

今はインターネットで宅配食や

介護施設が探せる便利な時代で

本当に良かったと感じています!

 

我が家と同じように兄弟や親族間で

親の面倒・介護をだれが見るのか?

 

そんな風に揉めている場合は、

条件に合った介護施設への入所を

検討してみると良いですよ!

 

そこで、

実際に私が介護施設探しの際に

利用したおすすめの情報サイト2つを

ご紹介します。

 

 

 
『LIFULL介護』

 
☆不動産大手LIFULLが運営
☆全国約4万件の施設から検索!
☆すべて無料で利用できる♪
 
「LIFULL介護」は、

不動産情報提供サイト

LIFULL(旧HOME’S)が運営する

大手の高齢者向け介護施設検索サイトです。

 

全国4万件の高齢者向け住宅や

介護施設の情報検索や資料請求が

無料で利用可能です。

 

さらに、

希望条件に合わせたおすすめ施設の

紹介までおこなって貰えるので・・・

 

高齢者向けの介護施設を探す際は、

LIFULL介護を利用しないと損ですよ!

 



※全国約4万件の介護施設の情報検索

一括無料資料はLIFULL介護公式サイトから。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
⇒『LIFULL介護』公式サイト


 

 

 
探しっくす
☆スタッフの丁寧な対応

☆一括で資料請求&見学申込

☆無料の入居相談サービス

 

「探しっくす」は
スタッフの丁寧な対応に
定評がある高齢者向け施設の
検索サイトです。

 

無料の入居相談や資料請求

見学申込まで一括で行えます。

 

こういった手厚いサービスが

無料で利用できるのが探しっくすの

人気の理由です(^^♪

 

 

※こちらの公式サイト限定で、

無料の入居相談受付中です。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
⇒『探しっくす』公式サイト